メーソート タナカにロンジー 食べるお茶もあるよ ミャンマー市場にミャンマー寺院

2017年 8月22日


メーソートにいます。
一応ここはタイですが、
メーソートはミャンマーとの国境の街でだけあって、
かなりミャンマー風になってます。


IMG_7854 (860x645)


これはシュエダゴンパゴダ?
いいえ、メーソートにあるWat Chumpol Khiri
というお寺です。
これだけ見たらミャンマーにいるみたいですね。


IMG_7824 (860x645)

IMG_7836 (860x645)


街中にも、タイ語とミャンマー語と中国語が
入り乱れています。
こういう文化のちゃんぽん的な感じが
東南アジアらしくていいですね。


map-me (860x499)


街の一角がミャンマー市場になっています。
特に正式にミャンマー市場と言う名前がついている
わけではありませんが、
売っているもの、売っている人、買いに来ている人、
みんなミャンマーです。


IMG_7839 (860x645)


ミャンマー語です。
何が書いてあるかわったくわかりません。


IMG_7841 (860x645)


ミャンマーで売っている
いろいろな調味料です。
ここでもそのまんま売っています。
食べるお茶、ラペソーも売っています。


IMG_7840 (860x645)


もちろんタナカも売っています。


IMG_7847 (860x645)


ミャンマースタイルの服も売っています。
その脇をロンジー姿の男性が通り過ぎていきます。


IMG_7845 (860x645)


IMG_7842 (860x860)


売っている人もミャンマー人です。
顔にタナカを塗っている人もけっこういます。


IMG_7843 (860x860)


IMG_7844 (860x645)


買い物に来ている人もミャンマー人です。
このあたり一角はまさにミャンマーそのものです。
タイの市場とはまた雰囲気が違います。
売っているものも違いますし、
来ている人の服装、そしてタナカがやっぱり
目立つんでしょうね。


ミャンマーに行ったことが無い人がこれをみたら、
かなり驚くと思います。


IMG_7850 (860x645)


ミャンマー市場の中ほどから
北側を振り返ってみると、
混沌とした市場の向こうに金色の尖塔が……!
まるでヤンゴンの下町のような光景ですね。


IMG_7851 (860x645)


その金色の尖塔に向かって歩いていきます。


IMG_7853 (860x645)

IMG_7855 (860x645)


まったくのミャンマースタイルの
パゴダですね。
きんきらきんです。


IMG_7856 (860x645)


青空をバックに燦然とかがやく、
金色のパゴダ。
もはやここはミャンマーです。
まあ国境なんてものはその時その時の
力関係で適当に引かれるだけのものですから、
昔からこの辺にはミャンマーの人と、
タイの人が入り混じりながら暮らしていたんでしょうね。


IMG_7898 (860x645)


メーソートはタイから見ればだいぶ辺境の地ですが、
国境独特のごちゃまぜ感があって、
なかなか楽しいです。
この国境は外国人にも開放されているようなので、
機会があればここを通って
ミャンマーに行ってみたいです。


IMG_7827 (860x645)


さて、なんとなくノリで来てみたメーソートですが、
格安プール付き宿あり、うまいものあり、
ミャンマーのこってり感ありで、
かなり楽しめました。


ミャンマーに行かない以上、これ以上先には行けませんので、
タークに戻り、
スコータイを目指すことにします。


次回はスコータイ旧市街でたぶん一番安い宿について
お知らせします。






スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする