ハンピ⇒バダミ 今回のインド旅で一番よかったバスからの眺め

2017年 8月6日


いろいろとあったハンピですが、
離れるとなるとなんだか寂しいものですね。
次回来ることは、
おそらくないと思いますが、
ハンピ村ごと近くに移転して、
居心地の良いゲストハウス街でもできていれば、
また来るかもしれません。



IMG_7440 (860x645)


本日はバダミまでの移動です。


ハンピ村からホスペットまでバス移動。
ホスペットのバスターミナルから、
イルカルのバスターミナル。
イルカルからバダミのバスターミナルまで、
合計4時間ほど、路線バス3本の乗継となります。


map b (860x616)


ホスペットからバダミまでは直通のバスがないようです。
ホスペットのバスターミナルに行くと、
イルカルで乗り換えるように言われます。


IMG_7439 (860x645)


イルカルまでは特別たいしたことはありません。
景色が特別によいとか言うわけでもなく、
とんでもない悪路を行くというような、
ブログネタになるようなことは何もありません。


高速道路を飛ばしていきますので、
どちらかというととてもスムーズで楽チンな行程です。


IMG_7441 (860x645)


ホスペットからイルカルまでは2時間弱です。


イルカルのバスターミナルでも、
バダミ、バダミと連呼していると、
どのバスに乗ればいいか教えてくれます。


僕は残念ながら英語はほとんどできませんが、
旅をするのに必要な部分は、
適当なブロークン英語で何とかなっています。


例えばバスターミナルでは行き先を言うだけです。
ただし、誰に言うかだけは気にしています。
切符売り場や案内所があれば、
そこの人に言います。
もしもそう言ったものがなければ、
バス会社の制服のようなものを着ている人に言ってみます。
バスに乗っている運転手さんに直接聞くこともあります。


鉄道に乗るときは、
乗車日と行き先と、列車番号と等級、人数などを
完全に紙に書いて、
それを窓口に突っ込みます。


英語無しでも結構いけます。


ただしトラブルになった時と、
地元の普通の人や旅行者同士で友達になりたい時はダメです。


英語力がないと意思の疎通ができません。


でもそんな時は端から諦めるからいいんですけど。


IMG_7442 (860x645)


さて、
今回のタイトルになっている、
一番よかったバスからの眺めですが、
それはイルカルからバダミの間のバスになります。


ホスペット⇒イルカル間は幹線道度ですので、
道幅も広く、車線も多い高速道路です。


イルカルを出発したバスはすぐに幹線道路を離れて、
田舎道に入っていきます。


田舎道に入ると、
そこに住んでいる人たちの生活が、
ぐっと、近くに入り込んできます。


IMG_7443 (860x645)


バザールに集まる人々、
バザールから、そしてバザールまで、
いろいろな荷物を運んで来る人、
荷物を山のように積んだ馬、ロバ、
そしてヤギやヒツジの群れ。


はるか昔から変わらずに営まれているかのような
その生活のど真ん中を、
現代のバスがすり抜けていきます。


IMG_7444 (860x645)


時にはバス一台しか通れないような道を走り、
バスは村から村を点々としながら進んでいきます。


完全なるローカル、
完全なる路線バスです。


もちろん旅行者は誰も乗っていません。


IMG_7445 (860x645)


この辺りは砂漠地帯ではないので、
緑がとても豊かです。
作物も大いに実っているんだと思います。


そのせいかどうかはわかりませんが、
のんびりとした、余裕のある雰囲気が漂ってきます。


IMG_7446 (860x645)


旅の楽しさと言うものは
いろいろあると思いますが、
このイルカル⇒バダミのようなバス移動は、
とても心が躍ります。


のんびりとした風景と、生活感丸出しの村をつないで、
でこぼこの細い道を走るバス。


乗ってくる人も、
降りていく人もみんなただの、普通の地元の人。


まるでそこにあるどこかのお家にお邪魔して、
そのままその家ごと走っているような気がしませんか?



IMG_7447 (860x645)


ひまわり畑をすり抜けて行くと、
間もなくバダミの街に到着です。


イルカルを出てからおよそ2時間。
まだまだ乗っていたいようなバス移動でした。


さて、僕が今回南インドに来るにあたって、
描いていたイメージ通りの街、
それがこれから2日半過ごすバダミです。


本当はハンピがそうなるはずでしたが、
実際のところは来てみないとわからないということが、
旅のおもしろさでもありますね。



というわけで、
次回からは、
何がそんなにいいの?
短い滞在時間を激しく後悔したバダミ編です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする