ハンピ フェンスを作ってもうすぐ有料化? ヤギの群れに出会ったり、ナラシンハに巨大ガネーシャ

2017年 8月3日


泊っている宿から、
ブレーカー飛ぶから湯沸かし器使わないでくれ、
水がもったいないから洗濯しないでくれ、
と言われて、
日増しに居心地が悪くなっている今日この頃です。


今の宿にはエアコン付きにこだわったせいで、
けっこうな額を払っているのですが…、


ともあれ今日もハンピの遺跡めぐりです。


IMG_7347 (860x645)


大きく分けて3地区に分かれるハンピ遺跡群。
今日はその二つ目、
ハンピ村のすぐ南側の岩山に展開する地区です。


一つ目の東側に広がる地区は、
前回の記事を参考にどうぞ。


IMG_7342 (860x645)


Sri Virupaksha Templeの脇を登って行くと、
広々とした岩に大地にたどり着きます。


IMG_7343 (860x645)

IMG_7344 (860x645)


小さ目の寺院遺跡がいくつもあります。
一つ一つはとくに見るべきものはありませんが、
広々とした岩山に遺跡が点在している様は、
なかなかのものです。


IMG_7346 (860x645)

IMG_7348 (860x645)


大きな岩の塊もゴロゴロしています。
ホントにハンピは不思議なところです。


IMG_7349 (860x645)

IMG_7351 (860x645)


とにかく広々としていて眺めがいいので、
ただぶらぶらと歩いているだけでも気持ちがいいです。


IMG_7355 (860x645)

IMG_7352 (860x645)


岩山の縁の方まで歩くと、
見晴らしがとても良い場所があります。


IMG_7358 (860x645)


岩肌に直接掘られたシバリンガです。


IMG_7360 (860x645)


岩のくぼみに水がたまって、
池のようになっています。
この池の前の寺院では、
未だに何かの儀式をやっていました。


IMG_7361 (860x645)


馬車ですね。
このような細かな彫刻はいくらでもあって、
特に柵もないので近寄ってみることができます。


IMG_7357 (860x645)


岩の丘を下った南側にも遺跡が見えますので、
そちらに下って行こうと思います。


ただしフェンスがあるので大回りに迂回していきます。


実はこの手のフェンスはあちこちに出来上がりつつあります。
有料化への準備と言うことでしょうか?


ちなみに2017年8月現在、
ハンピ村とハンピ遺跡群全体としてのの入場料や入域料はありません。
一部の世界遺産に指定されている遺跡は有料ですが、
あとはすべて無料です。


けれども将来的には
バガンやアンコールワットのように、
その地域に入るだけでお金が取られるようになるかもしれません。


IMG_7362 (860x645)

IMG_7363 (860x645)


回り道をして降りていく途中で、
ヤギの群れに出会いました。
観光業ではない人たちも、村の外には住んでいます。


IMG_7367 (860x645)


降り切ったところにNarasimha Templeがありました。
ナラシンハは、
シンハですからライオンの神様ですね。
目がぎょろっとしていておもしろいです。


IMG_7415 (860x645)


その横には大きなシバリンガを祀ったお堂があります。
中に水が引き込まれています。


IMG_7369 (860x645)


ハンピ村の方に少し戻ると、
クリシュナ寺院遺跡があります。
これも無料なのが不思議なくらい、立派な遺跡です。


IMG_7368 (860x645)

IMG_7370 (860x645)

IMG_7373 (860x645)


柱を彩る彫刻も、けっこう残っています。


IMG_7374 (860x645)


クリシュナ神?


かわいい子供は観光客です。


IMG_7376 (860x645)


クリシュナ寺院を後にして、再び岩の丘を越えて
ハンピ村の方に戻ります。


途中にガネーシャ寺院がありました。


IMG_7378 (860x645)

IMG_7379 (860x645)


ここのガネーシャはめちゃくちゃ大きいです。
なんでも一つの大きな岩から掘り出されているそうです。
つまりここの岩山と一体と言うことのようです。


これでハンピ村南側の岩山地区はだいたい回ってきました。


IMG_7267 (860x645)


IMG_7276 (860x645)


今日もハンピに日が暮れます。


大自然と遺跡に囲まれた素晴らしい時間を過ごしました。


このあと宿に戻るのが、なんだか気が重いです(笑)。



次回は、
ハンピ村より居心地いいかも~、
長期滞在の欧米人旅行者がたくさんいる~、
こちらに泊ってハンピ観光をするのもアリですね~、
という噂の対岸地区に渡ってみます。





スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする