ロードオブザ ハンピ3 完結編 アナンタプル⇒ベラリ⇒ホスペット ローカルバスに乗り継いだその先で見たものとは?

2017年 8月1日 


チェンナイからローカルバスを乗り継いで、
ハンピを目指しています。


IMG_7258 (860x645)


チェンナイ⇒ティルバンナーマーライ⇒バンガロール
⇒アナンタプルと来ました。


今日は
アナンタプル⇒ベラリ⇒ホスペット⇒ハンピと、
ローカルバスを乗り継ぐ予定です。


map b (860x405)


4時間30分とかでていますけど、
そんなもんじゃありませんよ。
ローカルバスをなめちゃあいけません。


ローカルバスは
お客が集まらないと出発しません。


出発しても
お客が乗ったり下りたりで、
結構停まります。
したがって実際のスピードはかなり遅いです。


エアコンなんかもちろんありませんし、
席は狭くて硬くてボロボロ。
サスペンションが悪くて、
揺れと振動とバウンドがひどいです。



それでも何で乗っているかと言うと、


伊達や酔狂でやってるんですよ!


IMG_7237 (860x645)


というわけでアナンタプルのバスターミナルから
9時ごろのベラリ行のバスに乗ってます。


アナンタプルからハンピ最寄りの街ホスペットまでは
直通バスがありません。


一旦ベラリまで行って、
そこで乗り換えることになります。


アナンタプルのバスターミナルには
実際にはもっと早く着いていたのですが、
バスが満員になるまで出発しないので、
結果として遅めになっています。


IMG_7239 (860x645)

IMG_7240 (860x645)

IMG_7243 (860x645)


バスは小さな村を点々とつなぎながら走っていきます。

乗り降りがそこそこあるので、
そのたびに停まっては出発しの繰り返しです。


IMG_7244 (860x645)

IMG_7245 (860x645)

IMG_7246 (860x645)


時にはちょっと大きめの街も通ります。
そんな街にはバスターミナルがありますので、
街の中まで寄り道していきます。


IMG_7249 (860x645)


だんだんと街になってきました。
ベラリが近くなっているようです。


IMG_7252 (860x645)


岩山が近づいて来ます。
ハンピもこんな感じなのでしょうか?


IMG_7253 (860x645)


よく見ると岩山の上にお城が見えます。
ベラリ要塞のようです。


IMG_7254 (860x645)


要塞が見え出すと、
ベラリに到着です。


アナンタプルからベラリまで、
標識上は90㎞のようですが、
時間にして3時間以上かかってます。


時速30㎞というところでしょう。
遅いです。


まあこれだけあちこちで停まっていては
しかたがないかもしれません。


でもおかげで小さな村や町や、
そこに暮らす人たちや、
にぎやかなバザールの光景を近くに見ることができて
楽しいのですが。


インドの場合、快適さで行けば、
バスは鉄道に叶わないとは思いますが、
鉄道よりもずっと身近でその土地の人たちの
生活を眺められるというのは、
バスならではの特権です。


ベラリの街は
思ったよりも中心部がこじんまりとしていて、
ベラリ要塞の麓にぎゅっと固まっている感じです。
街にも活気があって楽しそうです。


宿も見かけましたので、
泊るならアナンタプルよりベラリの方が良さそうです。
ベラリ要塞に登ってみたいです。


ただしベラリではホスペットに大分近づいているので、
中継にはならないかもしれません。


IMG_7257 (860x645)


ベラリからハンピまでも
直通バスはありませんので、
ハンピ最寄の街、ホスペットまで行って乗り換えることになります。


賑やかなベラリの街を抜けて、
一路ホスペットに向かいます。

標識上では60㎞ということでしたが、
またしても2時間以上かかってます。


乗り降り多く、
基本的に岩砂漠なので暑いです。


IMG_7439 (860x645)


ホスペットでは
かなり遅めの昼食を食べて、
最後のバスに乗車です。


ホスペットからハンピへのローカルバスは、
ホスペットのバスターミナル内から出ています。
オートリキシャが声をかけてきますが、
バス代の方がはるかに安いので、
俄然バスの方がいいと思います。


IMG_7261 (860x645)

IMG_7262 (860x645)

IMG_7260 (860x645)

IMG_7263 (860x645)


そしてついにハンピ到着!


夢にまで見たハンピです。


この時点で夕方5時くらいでしたから、
乗り継ぎ時間、休憩時間も入れて、
アナンタプルから8時間ほどかかったことになります。


バンガロールからは丸2日間、
移動時間は13時間、
途中の街ではおかしな目にあったりと、
かなり大変でした。


その分いろいろな景色や、聞いたこともないような街の様子がみれておもしろかったのですが、
費用対効果、時間対効果を考えると、
バンガロールから素直に夜行列車で来た方が良さそうです。


ただし予約が取れないのが難点ですが。


というわけで、
誰のために?
何のために?
というまったく役に立ちそうもない、
ハンピまでのローカルバス移動旅3部作でした。



明日からはいよいよ、
世界遺産、
岩の惑星、
地上の楽園でおなじみのハンピを散策してみようと思います。


結果として5泊ほどハンピにいたのですが、
日増しに????????????という疑問符が多くなっていくのです。


旅人大絶賛のハンピのはずなのになぜ?


怒りのハンピ編、
次回からはじまります。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする