遅延でおなじみ 中国国際航空 北京空港乗継 バンコク行き CA160→CA979

2017年7月22日


インド行きます。

去年ラージャスタン州に行って味をしめました。



空港でアライバルビザが取れるようになったのが大きいです。


ついでに無料になってほしいです。


IMG_6933 (860x645)


中部国際空港から北京乗継でバンコクに向かいます。


中国国際航空です。


バンコクからはエアアジアで南インドのチェンナイに飛びます。


この行き方、


南インドに行くのにおそらく最安です。


肝は名古屋⇒バンコクを最安の中国国際航空で行くことと、


エアアジアの最安日を狙って、バンコクで日にちを調整することです。


インドビザはチェンナイ空港でとることができます。



何か問題点があるとすれば、


北京で往復ともに7~10時間ほどの乗継時間があることと、


北京⇔バンコク間が遅延の常習路線と言うことです。



それでもバンコクを経由すると、


市内のスーパーリッチ両替所であらかじめインドルピー現金を手に入れることができるという


利点があります。


チェンナイ空港でアライバルビザを取るときに一人2000ルピーかかります。


また、チェンナイには夜遅く着くので、


バンコクで多めにインドルピーに替えていくと、


空港で両替しなくて済みます。


チェンナイだけではなく、どこの国でも


空港での両替はレートが悪いです。


その点、バンコクのスーパーリッチは驚きのレートです。


日本円⇒タイバーツ⇒インドルピーと替えても、


インド国内で日本円⇒インドルピーに替えるよりレートがいいです。


IMG_6935 (860x645)


中部国際空港から北京空港までは、


ボーイング737です。


個人用モニターなんかはもちろんありません。


IMG_6937 (860x645)


IMG_6936 (860x645)


3時間ほどのフライトですが、


機内食が出ます。


味はまあまあです。


IMG_6939 (860x645)


名古屋⇔北京間はほぼ定刻通りです。


北京空港はうわさ通り、とてつもなく広いです。


ここで7時間ほどの乗り継ぎ時間があるので、


中国に入国することにします。



次回、


入国して最安で北京市内に行く方法を試してみます。






スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする