霧、霧、霧、霧の桂林 まるでタイムスリップしたかのような幻想的な風景に出会う

2017年3月30日


IMG_6216 (860x645)


陽朔のYangshuo Backpacker Youth Hostelから


ほど近い石馬路の天伦酒店の前に、


桂林行のバス停があります。


桂林に行くならここからすぐ乗れて便利です。


ちなみにその隣には高鐵陽朔駅行のシャトルバス乗り場も


ありましたので、

高鐵陽朔駅に行くのも便利かと思います。


桂林までのバス代は一人30元。


乗車時間はおよそ1時間半ほどです。


IMG_6231 (860x645)


桂林市内は2階建てバスが走り回り、


結構都会です。

IMG_6237 (860x645)


市場も大きく、見ごたえがあります。


IMG_6219 (860x645)


ですが、随所に歴史ある建物があり、


結構面白いです。


上記は古南門です。


IMG_6238 (860x645)


王城への門です。


城壁に囲まれています。


IMG_6239 (860x645)


王宮への入り口です。


もちろん入場観光はしません!(笑)


IMG_6240 (860x645)


王城の南門です。


なかなか見ごたえあります。


IMG_6243 (860x645)


南門の外には古い町並みを模した


観光街が広がっています。


陽朔の西街に比べると、


かなりしっかりとした作りで、


これはこれでテーマパークのようで楽しいです。


IMG_6248 (860x645)

IMG_6252 (860x645)


漓江に出ると、霧がすごいです。


まさに霧の桂林です。


IMG_6250 (860x645)

IMG_6255 (860x645)

IMG_6256 (860x645)


七星岩が霧の中に浮かび上がって


幻想的です。


IMG_6253 (860x645)


そんな中、釣りをしている人もいます。


IMG_6257 (860x645)


IMG_6259 (860x645)


IMG_6262 (860x645)



杉湖の日月双塔も霧の中です。


まわりのホテルや建物が霧に隠れているので、


まるで昔にタイムスリップしたかのようです。


IMG_6263 (860x645)


榕湖とつながる水路にも霧が流れ込んできます。


IMG_6270 (860x645)

IMG_6271 (860x645)


榕湖の夜景もすべて霧の中です。


霧の桂林。


景色がはっきりと見えないのは残念な感じもしますが、


これはこれでめったに合えないような光景かもしれません。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする