歯に大穴は開いているが、行けるところまで行こう

img_2812-860x645


2016年8月



「Deep cavity!」(深っかい虫歯!)




プシュカルでピザを食べている時に、


右奥から3番目の歯に大穴が開きました。


ついでに左側の奥から3番目にも激痛が走るようになり、


固形物を食べることができなくなりました。



お粥を食べたり、


ラッシーを飲んだり、


ホットミルクで栄養補給です。



こんなことでこの先旅が続けられるのでしょうか?


しかもここはインド。



でもその後、


日本から持ってきた抗生物質を飲むことにより、


左側の激痛はなんとかおさまりました。



右側の大穴は、


プシュカルの歯医者に見てもらいました。


「Deep cavity!」


そしてroot canal treatment が必要だと言われました。


つまり深い虫歯なので歯根管治療が必要だということです。


歯根管治療とは俗に言う、


神経を抜くというアレですね。



そんなもん、できるか~!


しかもインドで。



医者曰く、


一週間くらいですべて終わるとのこと。


ということはプシュカルにあと一週間いないといけない?



いろいろ考えました。


幸いにもこの深い虫歯君は今のところ痛くありません。


しかしいつ痛くなってもおかしくはない状況です。


それに反対側の歯も、


いつ激痛が再発するかわかりません。



ここは一つ、万全を期すためにも、


歯の治療をした方がいい?



でもプシュカルではやめよう。


田舎町の町医者に治療してもらうくらいなら、


ジャイプールまで戻って、


大病院の歯科で治療した方がいい。



それならジャイプールまで3時間ほどかけて戻るか?


そして一週間ほど治療をして、


また旅を再開する?



などと考えていたら面倒くさくなり、


まあ行けるところまで行こう、


どうしても痛くなったところで引き返せばいいじゃないか、


というわけで、


先に行くことにしました。



img_2813-860x645


そうと決まればプシュカルともお別れです。


本当はもう2~3日いてもよかったのかもしれませんが、


こちらは歯に爆弾を抱えていますので、


なるべく急ぎ足で先に行かなくてはなりません。



まずはバスでアジメールに向かいます。


img_2815-860x645


アジメールのバスターミナルに着くと、


ジョードプル行のエアコンバスがすぐに出発するとのこと。


列車で行こうと思っていたところを急遽予定変更。


バスでジョードプルに向かいます。


img_2816-860x645


一日に数本しか走っていない、


州政府系のエアコンボルボバスです。


いいタイミングで乗ることができました。


これでもインドではかなりいいクラスのバスです。


img_2817-860x645

img_2820-860x645


途中で州政府経営のホテルに寄ります。


サンドイッチなんか食べます。


普段はサンドイッチなんか絶対に食べませんが、


インドではカレー以外の物が食べれる時は食べておいた方がよさそうです。



img_2821-860x645

img_2822-860x645


ジョードプルまで4時間ほど。


バスターミナルは街から少し離れています。


img_2823-860x645


売店の兄さんたちが、


写真とってくれと言ってます。


img_2826-860x645


オートリキシャに乗って、


いよいよあこがれのジョードプルに到着です。



歯がもつといいですね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする