プシュカルがいい、プシュカルがいいっていうから来てみた

img_2626-860x645


2016年7月31日


ジャイプールから鉄道のセカンドクラスでアジメールまで2時間。


駅からオートリキシャで10分くらいのところにあるバスターミナルから約1時間。


プシュカルにやってきました。


img_2627-860x645


プシュカルはブラフマー寺院のある聖地だそうです。


img_2689-860x645



旅行者的には、インドの喧騒から逃れて、


ゆっくりと休みに来る街だそうです。


img_2806-860x645

img_2809-860x645

img_2644-860x645



特徴的な山に囲まれた、のんびりした街です。


雨季なのであまりぱっとしませんが。


img_2721-860x645


食堂よりもスイーツ屋が多い印象です。


例によって食べるものに困る予感がします。


img_2635-860x645


街の手前は外国人用のお土産物屋などが多くあります。


img_2722-860x645


目抜き通りをどんどん奥に進んでいくと、


ローカル度合いが強くなって行きます。


img_2723-860x645


突き当りがブラフマー寺院です。


外国人でも入れます。



インド人の巡礼者が多く参拝していました。


img_2725-860x645


寺院の周りはインド人参拝者用のおみやげモノ屋や、


img_2729-860x645


同じくインド人参拝者用のチャイ屋などがあります。


日本の神社の門前町をほうふつさせます。



img_2639-860x645


夜は比較的早く店が閉まってしまいます。


夜遊びと言う感じはしないです。



インド旅行者の間で、


プシュカルがいい、プシュカルがいい、


と言う話は良く聞きます。




確かにこの何もない、そして都会でもない、


でもそこそこ旅行インフラの整った小さな街は、


インドの喧騒に疲れた旅人が休むにはいいかもしれません。



でもまだそこまで喧噪に疲れていない僕らには、


プシュカルの魅力が今一ピンときません。



プシュカルは旅の後半に訪れた方がいいのかもしれません。













スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする