シアヌークビル カンポット ケップ 長期滞在に適している場所はどこ? ATMは? 交通手段は?

2017年1月


カンボジア南部


シアヌークビル、カンポット、ケップ


3つの街を巡ってみました。


これらの3つの街は、それぞれプノンペンから直接入ることができます。


シアヌークビルからはタイ国境、


ケップからはベトナム国境に抜けることが可能なので、


東南アジア周遊のルートに入れてもいいと思います。


IMG_5015 (860x645)


シアヌークビルはプノンペンからバスで行きます。


家族連れには今回利用したPSD XpressやGiant ibisの


中型バスがいいと思います。


どちらもネットから予約可能で、料金は一人12ドルです。


時間は休憩含む5時間くらいです。


IMG_4984 (860x645)


滞在場所は断然オトレスビーチです。



特にオトレス村の中心付近は、


商店や各種食堂(ローカルからヨーロピアンまで)、


各種の宿(プール付きミドルクラスからファンのみバンガローまで)があり、


滞在しやすいです。


ATMもあります。


のんびりとした村と、きれいな海、


そこそこ整った施設、


大きな買い物はシアヌークビル市街にも出れる。


長期滞在としてはなかなか理想的かなと思います。


IMG_5122 (860x645)


カンポットはシアヌークビルから


ツアーバスで5ドル、2時間です。


プノンペンから直で来ることもできるようです。


フランス植民地時代の建物が残る、


のんびりした地方都市です。


観光的にはそれほど見どころはありませんが、


街の真ん中を大きな川が流れていたり、


コロニアル建築のレストランがあったりと、


そこそこ特徴のある街です。


基本的には街ですので、


市場あり、食堂もたくさんあり


銀行もATMもあります。


宿も安宿から高級までたくさんあります。


歩いてみた範囲では、長期滞在用のアパートなんかもあり、


実際に長期滞在している欧米系のお年寄りもうろうろしていました。



のんびりかつ便利と言う点では長期滞在に向いているかもしれませんが、


風辺を含めて見どころと言うものが特になく、


刺激が少ないので、飽きがくるかなとは思います。


IMG_5364 (860x645)


最後はケップです。


カンポットからトクトクで10ドル。


ツアーバスは一人3ドル。


4人いればトクトクが楽しいです。


時間は30分です。


ケップの見どころは、


カニ市場、ビーチ、国立公園の3つですが、



ビーチは断然シアヌークビルのオトレスビーチの方がいいです。


国立公園もまあ、ふつうの森です。


カニ市場だけはカニの水揚げ時と、


茹でたてを食べるのがけっこうエキサイティングです。



ケップの街は中心がなく、ひたすらだだっ広く、


カニ市場エリア、ビーチエリア、


庶民エリア、山エリアに分かれています。



カニ市場エリアは観光的にはいいですが、


安いレストランがないので食事に困ります。



ビーチエリアはビーチが今一つな上に、


やっぱり安い食堂がありません。



庶民エリアは市場や安食堂などがあっておもしろいのですが、


宿が今一です。


ヒッピーライクなクラブ音楽ガンガンゲストハウスのようなもの


しかないので、


家族連れにはどうでしょうか?


カニ市場やビーチにも離れています。



山エリアには欧米人オーナーのロッジや


バンガローが建っています。


ストローハットのプリミティブなバンガローから、


プール付き高級リゾートまでいろいろです。


基本的に外国人向けですので、


宿泊代は高いです。


食事も宿の中でちょっとお高いものを食べることになります。


IMG_5242 (860x645)


自転車やバイクを借りれば、


どこのエリアに滞在していても不便はないかもしれませんが、


そこまでして滞在するほどの見どころは無い感じです。



ATMがビーチ前にあり、


長期で滞在することも可能かもしれませんが、


やはり食事の問題は大きいので、


1~2泊でカニだけ食べて次に行くか、


カンポットから日帰りで行くのがいい感じです。


IMG_4890 (860x645)


こうしてみると


カンボジア南部、シアヌークビル、カンポット、ケップの中では、


見どころ、食事、利便性などを考えると、


やはりシアヌークビルが長期滞在には適しているようです。


次いでカンポットです。


ケップはあまり滞在に適していない感じです。



IMG_5078 (860x645)

IMG_5094 (860x645)


余談になりますが、


カンボジア南部は秘境ではありません。


結構開けています。


開発がどんどん進んでいますし、


北部にあるような未舗装の赤土道路もあまりありません。


土地も豊かで、食材も豊富です。


ストリートチルドレンや物乞いもほとんど見かけません。


以前シェムリアップにバスで行ったときには、


途中休憩のレストランで、


近くに住む子供たちがお客の残した食べ物をもらいに来ていましたが、


シアヌークビル行ではそんなこともありません。



カンポットの街などは、


トヨタのランクル、レクサス、フォードレンジャーなどが


めちゃくちゃ走ってます。



カンボジア=貧しいという発想は


南部には当てはまりそうにありません。








スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする