エアアジアでマンダレーへ

スポンサーリンク

2013年8月。






エアアジアでミャンマー第二の都市、マンダレーに向かうため、

ドンムアン空港へ移動。

市内から高速に乗るまで渋滞。

高速も中心部まではやや渋滞。

それでも40分くらいで到着。

メーターは180バーツ。

その他に高速代で100バーツ。

ドンムアンはエアアジアのハブ空港。

自動チェックインで楽。

荷物預けも平日なのかガラガラ。

出国審査もガラガラ。

エアアジアはチェックインに手間取るという話を聞いていたので

拍子抜け。



ラインタウンのディスプレー。

子供のうちからラインを植え付けようという洗脳番組。



タイのドナルドはサワディーカーって感じ。



初のエアアジアは、

バンコクからマンダレー行。

マカオ行とシンガポール行きは、

割と人が乗っていそうだけど、

マンダレー行はちらほら。

だいたいツーリスト。

子連れは僕らだけのよう。



ゲートからバスに乗って飛行機に移動。



エアアジアの美人係員。



さあ乗り込みます。

初エアアジアは、バンコクからのフライト。

エアアジアは格安の代わりに、食事はもちろん水も出ない。

その分CAさんが美人。



およそ1時間30分で、マンダレー空港に到着。

マンダレーは第二の都市。

空港はおよそ40キロほど離れた場所にあるため、

まわりは大平原で何もない。

ここでバガン行のエアマンダレーのチケットを受け取ることになっていたので、

エアマンダレーのオフィスへ行く。

いまどき手書きのチケットで発見に時間がかかる。

到着ロビーの前の銀行両替所で両替をしたら、

1ドルが970チャットくらい。







見渡す限り、何もない。

そして暑い。

タクシーはエアコンを使っていないので、

全開の窓から熱風が吹きこんでくる。





だんだんと街が近づいてきた。



およそ1時間でマンダレー市内の、

スマートホテルという、

シティーホテル?ビジネスホテル?に到着。



ロビーはエアコンが効いてて涼し~。



廊下はこんな感じ。

発展途上国の中級風でいいね。



200ドルを両替しただけなのに、

この札束。





街中をぶらぶらする。

列車を発見。

="http://wakuwakudenki.com/wp-content/uploads/P1070055.jpg">

ゼーチョーマーケット。

食堂を探すけどない。

基本的には服飾、布地市場。

いわゆる生鮮品は無い。



中はこんな感じ。







街中の様子。

ヒンドゥー寺院もある。





欧米風のカフェレストランを発見して、一休み。

チャーハンが3500チャットくらい。









さらに街ブラ。

木造の家も多い。

ところどころ道端においてあるのは、

飲み水が入ったカメ。

もちろん飲まないけど。



バナナも買う。





ミャンマーのお菓子。

文字が読めない。

マンダレーにはコンビニはないので、

お菓子や飲み水は、その辺の商店や屋台で買う。



夕方まで歩いて、ホテルに帰る。

夕暮れ時に、何やらお経のようなものが響いている。

なんだろう?

こうして緊張に満ちた、ミャンマー一日目が終わった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする