うし年なので牛の大特集 アジア各地で出会った愛すべき牛たち その2 スリランカ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム、そして東チベット編

スポンサーリンク

2021年 1月11日

前回は牛大国とでもいうべき、インドの牛を紹介しました。


IMG_1917 (640x480)

インドでは牛は神様の乗り物として、
信仰の対象になっています。


IMG_1953 (640x480)

したがって牛はどこにでもいます。
田舎のみならず、街中にも堂々といます。

この牛はインド南部のクンバコーナムと言う街で見かけました。
寺院からのびる商店街に、
まるで買い物客の一人であるかのように
自然体で存在しています。

道路に牛がいても人々は気にせずに、よけて通ります。
牛の方も人間のことなど気にしないかの如く、
好き勝手にその辺を歩いています。

インドでは都会であっても、
牛と人間は同じ生活空間を共有しています。
それは家畜と言うよりも隣人、友人と言った方がいいくらいです。

それではインド以外のアジア各国の牛はどうなのでしょうか?


P1070778 (640x480)

これはインドの東隣の島国、スリランカで見かけた牛です。
早朝に南部のリゾート地ウェリガマのビーチを
散歩しているときに、
牛たちも同じように散歩しているところを見かけました。


P1070788 (640x480)

スリランカは仏教国なので、牛は特に神聖な生き物ではありませんが、
それでもけっこう自由にやっているのかもしれません。


IMG_4886 (640x480)

続いて同じくインドの陸続きの東隣、ミャンマーの牛たちです。

いかにも仏教国ミャンマーならではの一枚。
モンユワ近郊、ボーディタタウンの森の中には、
千体もの仏像が並んでいる場所があります。
その中をまるで参拝するかのごとく、白いコブウシが
うろうろしていました。


IMG_5718 (640x480)

この二頭の牛たちは、仏教遺跡で有名なバガンを散策中に見かけました。
木でできた荷車をひいています。
その荷車には荷物と、おばちゃんが乗っています。
いわゆる牛車というものです。


IMG_5719 (640x480)

二頭とも背中に立派なコブがあるコブウシ、しかも白いコブウシです。
インドであればこれはシヴァ神の聖なる乗り物です。
ミャンマーでは普通のおばちゃんが乗っていますが。


IMG_5953 (640x480)

道路わきのちょっとした池に水を飲みにやってきた牛です。
後方に仏塔の遺跡が見えますね。
これも白いコブウシですが、
後ろに乗っているのは、女性が二人のようですね。


IMG_2727 (640x480)

この牛車も顔に白いタナカを塗った女の子が乗っています。

バガンで見かける牛は牛車ばかりですね。
しかもなぜか女の人ばかり乗っています。


IMG_5288 (640x480)

そう思っていたら、
遺跡と遺跡に挟まれた、赤土の道を大挙して押し寄せる、
白いコブウシの群れを発見です。

放牧に向かうところでしょうか。後ろに荷車はついていません。
白いコブウシだからと言って、いつでも牛車をひいている
わけではなさそうです。

路上に停められたレンタサイクルに危険が迫っています。


IMG_6800 (640x480)

まるで桂林のような、石灰岩の山々を背景に、
牛の親子が歩いています。
ここはラオス中部のバンビエンです。
かつてベトナム戦争時にアメリカ軍の飛行場があった、
小さな村です。
今では石灰岩の奇岩が作り出す景観と、
あふれる大自然を目当てにバックパッカーが集まっています。

この牛はコブウシのようですが、色が黄土色です。
コブウシの交雑種である黄牛と思われます。


IMG_0320 (640x322)

ラオス南部の街パクセーの市場前から、
トラックの荷台を改装した大型ソンテウに
乗り込みます。
向かうは世界遺産ワットプー遺跡のある村、
チャンパサックです。

その途中の道端には、黄牛がのんびりと草を食べていました。


P1060585 (640x480)

ラオスから南に下ります。
カンボジアの北部シェムリアップにある、
世界遺産アンコールワット。

アンコールワット寺院の周囲にはぐるっと
堀がめぐらされていますが、
その堀の岸辺では牛が放し飼いになっています。

白くはありませんが、黄色でもないので、
交雑種の一種ですね。


IMG_9122 (640x480)

アンコールワット近くの森にいた、白いコブウシです。
よく見ると森の奥に茶色いレンガ造りの遺跡が見えます。

アンコールワット周辺の森の中には、
名もないような小さな遺跡が点在しています。
レンタサイクルで回るのがおすすめです。


IMG_5193 (640x312)

同じくカンボジアですが、
南部のカンポット郊外の村で見かけたコブウシです。

村の入口で女性が何かを燃やしているようです。
その脇で、二頭のコブウシが木箱のようなものに
顔を突っ込んで、餌を食べています。
この木箱はごみ箱なのか、餌箱なのかよくわかりません。

餌箱であるとすると、このあたりのコブウシは
放牧されていないのかもしれません。


IMG_7986 (640x480)

暑い夏の昼下がり、楽しそうに水浴びをしているのは、
ベトナム中部の街、ニンビン郊外の川で見かけた水牛です。


IMG_7982 (640x480)

水牛は群れを作って生活し、水浴びが大好きです。
水に慣れているので、田んぼでの作業に活躍します。

水牛は労働力としてだけでなく、搾乳用でもあります。
水牛の乳はインドのギーというバターオイルの原料でもあり、
イタリアのモッツァレッラチーズの原料でもあります。


P1050127 (640x480)

水牛は観光用として沖縄にもいますよね。


IMG_8351 (640x320)

もちろんベトナムにも水牛以外の牛もいます。

王宮があることで有名な、ベトナム中部の古都フエ。
そのフエの郊外でフォン川を眺めながら
たそがれているのは黄牛です。

古都フエもまた観光地ですので、
レンタサイクルの店がたくさんあります。
自転車があると郊外の村を巡ることができ、
郊外の村に行くと、牛と遭遇するチャンスが増えます。

反面、街の中で牛に出合うことはめったにありません。


IMG_9267 (640x480)

最後は少し寒いところの牛です。
四川省の成都からバスで4時間。
標高4000mの峠を越えて行った先に、
美人谷で有名な丹巴という街があります。
丹巴にはギャロン・チベット族という、
カラフルな色を織り交ぜた、
美しい民族衣装を着た人たちが住んでいます。

その丹巴から山道を1時間くらいかけて登って行った村で、
この牛を見かけました。
白と黒の模様の牛ですが、平地で見かける牛と違って、
あきらかに毛が長いです。
標高が高く、気温が低い土地に適応したのか、
ヤクなどの毛の長い種類の牛と交雑したのかはわかりません。

このような牛も、丹巴の街中で見かけることはありません。

丹巴に限らず、スリランカでもミャンマーでも、
ラオスでもカンボジアでもベトナムでも、
街中で牛を見ることはほとんどありません。
たいがいの牛は郊外の村や、そもそもの田舎にいます。

それはアジアでは、
牛は基本的には農耕用、荷役用、搾乳用といった
家畜だからでしょう。
これらの家畜は農村では役に立ちますが、
街中ではあまり役に立ちません。
ひょっとするとかつては荷役用の牛が
街中で荷物を運んでいたのかもしれませんが、
近年は車にとってかわられたのでしょう。


IMG_2791 (640x480)

その点インドは例外です。

聖なる牛として大事にされているためでしょうか、
農耕用でもなく、荷役用でもなさそうな牛が、
街中をうろうろしています。
それらの中には搾乳用に飼われているものもいるそうですが、
それにしても牛は放牧ならぬ、放街されています。


IMG_7186 (640x367)

放街された牛たちはその辺に投げ捨てられている
生ゴミをあさっています。
街を清掃する役に立っている、と言えなくもないですが、
その後ところかまわず糞をしていきますので、
どっこいどっこいといったところでしょうか。

特に雨が降った後は、ぐちゃぐちゃになった未舗装の道で踏むのが、
泥なのか糞なのかは運次第です。


IMG_7590 (640x640)

うし年なので牛の大特集。
こうしてみるとアジア各地にはいろいろな牛がいました。
そして牛がいるところには、
かならず人の生活の匂いがしていました。

人間と牛の関わり合いはとても古く、
一説によると紀元前8000年のメソポタミア文明において、
すでに飼育されていたそうです。

その後も農耕用や荷役用などの労役用として、
搾乳用や食肉用として、
皮革や角の利用も含めて、
牛は人間と深い関わり合いを持ってきました。

近代化の中で、特に都市部では人と牛の生活領域は、
インドを除いて分けられてしまいました。
そんなインドでも徐々に都市部では牛を見かけなくなっています。

けれども見かけなくなったところで、
人間と牛との関わり合いがなくなったわけではありません。
チーズやヨーグルト、バターなどのおいしい乳製品や、
ステーキ、ハンバーガー、牛丼などを通じて、
いつでも僕らの身近に存在しているのです。

今年一年、牛のようにゆっくりと、でも確実に一歩一歩、
世の中が良い方向に進んでいきますように!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする