コロナ下のぶらぶら旅 ささしまライブ駅その7 キャラの濃い金物屋さん、錆びたトタン壁、煙突が半分の銭湯、日本一のトラス鉄橋 どれも近代遺産に認定?

スポンサーリンク

2021年 1月6日

さて、円福寺で思いのほか時間を取られてしまったので、
さくさく進んでいこうと思います。

mapsasashima1 (640x615)

円福寺を西に行き、突き当りの道を左に、
つまり南に曲がります。
ここからは基本的にささしまライブ駅に、
さくさくと引き返していくことになります。


IMG_20201218_122642 (640x360)

さくさくと行きたいところなんですが、
南に曲がるとすぐにあくの強い、
キャラの濃い建物が見つかってしまいます。

トタンが打ち付けられてしまっていますが、
もともとは何かのお店のようですね。


IMG_20201218_122713 (640x360)

看板の文字がかすれて読みにくくなっています。

塗料、セメント、モノサシ巻尺(モノサシ???前回参照)、
水道パイプ、ラワン材、電気器具、家庭金物、
建築金物、作業工具、大工道具、左官道具などなど。

昔はこういう店を金物屋さんと言っていたような気がします。
今はもう、金物屋さんも目にしませんね。
ホームセンターに集約されてしまいました。


IMG_20201218_122740 (640x360)

その隣の園芸店。こちらはまだ営業しているようです。
園芸店というよりは、
もうこのお店ごと自然そのものといった感じです。

やがて店の外側や内側においてある植物が生い茂り、
屋根の上まで覆いつくし、伸びた根が店を包み込み、
この園芸店は埋もれてしまうかもしれません。


IMG_9210 (640x480)

参考画像です。念のため。


IMG_20201218_122607 (640x360)

園芸店の向かいの道を東に入ります。
この圧倒的な錆びたトタン壁の家が目印です。

近代化=鉄化ではあったのでしょうが、
もはやこの錆びた鉄のように、
近代もすっかり錆びついています。
近代的であった建物もそうですが、
近代的であった社会システムも、
もはや錆びついて、遺産クラスです。


IMG_20201218_134102 (640x360)

IMG_20201218_134121 (640x360)

道の突き当りを左に曲がると、
松の湯という銭湯があります。
このような銭湯もある種の近代遺産ですね。

日本の近代化とともに発展した銭湯も、
近代化の終わりとともに衰退していきます。
かろうじて残っている松の湯のような銭湯も、
やがてなくなってしまうでしょう。

今こそ世界遺産に、
日本の銭湯文化を登録する時ではないでしょうか。
世界遺産、日本の近代銭湯文化。
ついでに富士山のペンキ絵と、
ビン入りの明治パンピーと、そのふたを開ける
ピンみたいなやつも追加で登録お願いします。


IMG_20201218_134232 (640x360)

青空に向かって伸びていく銭湯の煙突。
このような景色が失われてしまったら、
またひとつぶらぶら歩きの楽しみも
なくなってしまうことでしょう。

ところでこの煙突、
よく見ると途中から口径が細くなっています。
途中まではコンクリート製の、よくある銭湯の煙突です。
そのよくある煙突の途中にアタッチメントが付いて、
金属製の細い煙突がつながっています。

金属製の煙突が比較的新しいように見えることから、
もともとは一般的な銭湯のような、コンクリート製の長い煙突があり、
それがなんらかの原因で半分になり、
その後金属製の煙突が取り付けられたものと思われます。

コンクリート製の煙突にいったい何があったのでしょうか。
ある日落雷がおきて煙突がまっ二つに割れたとか、
煙突の先が詰まっているのに火を焚いて暴発したとか、
石川五右衛門に斬鉄剣で切られたか、
馬場チョップで折られたか。

その時に周りの家は大丈夫だったのでしょうか?


IMG_20201218_123506 (640x360)

松の湯の近くに、金山神社があります。
案内板によると、御祭神は金山毘古神です。
金山毘古神は金山彦命ともいい、
鉱山の神、鍛冶の神です。

もともとは少し南の、
今は線路になっている位置にあったそうですが、
その場所は鉄道用地として買収され、
今の位置に移ったそうです。


IMG_20201218_123115 (640x360)

本殿の脇に、大きな石が二つ無造作に置いてあります。


IMG_20201218_123121 (640x360)

石の横にあった案内板によりますと、
この石は名古屋城の石垣用の石だそうです。

名古屋城を築城の際にこの辺りを流れていた
笈瀬川を使って石材を運んだ。
この二つの石はその際に残されたもので、
笈瀬川から出土した。

ここにも笈瀬川の痕跡が残されていました。
笈瀬川はかっぱの住む川だけでなく、
かつて石垣用の大きな石を運ぶほどの川幅と
水深があったということになります。


IMG_20201218_123644 (640x360)

金山神社のすぐ目の前は、
道路を挟んで近鉄電車、あおなみ線、JRの線路になっています。

その向こうに黄色に塗られた大きな鉄橋が見えます。
向野橋という跨線橋です。

遠目に見ても、昔ながらのトラス構造の鉄橋です。
トラス構造とは三角形を組み合わせていくことにより、
安定した強度を保つ構造です。
近代化の過程で、多くの鉄道橋や道路橋に使われてきています。


IMG_9806 (640x480)

コルカタのハウラー橋です。
船の運航を妨げないように、橋桁はありません。
橋桁のないトラス鉄橋としては、世界最長クラスではないでしょうか。


IMG_2313 (640x480)

これは有名なカンチャナブリーの戦場にかける橋ですね。
旧日本軍が捕虜に造らせた橋の復元です。


P1080629 (640x480)

ハノイのロンビエン橋です。
奥に見えるトラス構造が美しいです。
フランンス植民地時代に造られ、
ベトナム戦争時には何度もアメリカ軍に空爆を受けましたが、
そのたびに修復されています。


IMG_6483 (640x480)

ルアンパバーンの郊外にかかる橋です。
強度の関係で、車の通行は禁止のようですね。


IMG_5106 (640x480)

カンボジアの南部、カンポットのオールドブリッジです。
これはフランス植民地時代のものだそうです。
トラス構造は鉄ではなく、おそらくは鉄筋コンクリートでしょうか。
こちらも老朽化のためか、車の通行は禁止です。

このようにトラス鉄橋は世界各地に造られています。
時代を経たトラス鉄橋は、近代化の記憶を今に伝えるとともに、
今もなお、その場所の風景にアクセントを加え続けています。


IMG_20201218_123744 (640x360)

それでは向野橋を渡ってみたいと思います。
近鉄の線路も跨いでいきますので、ちょうど近鉄電車が通りました。


IMG_20201218_124007 (640x360)

階段を上って、鉄橋への取り付け道路に出ます。

スロープ状に緩やかに上ってくるこの道路は、
かつて車が通ることができました。
車道跨線橋として笹島地区の北部と南部をつないでいましたが、
現在では歩行者と自転車のみです。

その理由はここでも橋の老朽化だそうです。

近代化の中で作られたトラス鉄橋は、
あちこちで老朽化を迎えているようです。

ここからささしまライブや名古屋駅前の
高層タワーの見晴らしがいいです。
見晴らしがいいということは、
その間に高い建物がほとんどないということですね。


IMG_20201218_124057 (640x360)

ここに来るまでにぶらぶらと歩いてきた地域を
俯瞰することができます。
それにしても本当に、背の低い、瓦屋根の民家が
密集してますね。
まるで民家の海に向こうに、摩天楼の島がそびえ立っているかのようです。


IMG_6459 (640x480)

こんなイメージです。


IMG_20201218_123834 (640x360)

向野橋の案内板がありました。

向野橋は明治32年(1899年)に
今のJR山陰線の前身である京都鉄道がアメリカより輸入し、
京都から舞鶴への鉄道を敷く計画の中で、
京都の保津川に架けられた鉄道橋です。

その後、昭和5年(1930年)に、向野橋は跨線橋として
この場所に移設されました。

向野橋はもともと京都にあったこともそうですが、
明治時代にアメリカから輸入されたということに驚きます。
日本の近代化は、まさに明治時代に欧米の技術、製品、
システムを輸入するところから始まったのです。

向野橋はまさに日本の近代化の生きた証人なのです。

初めは川の上を渡る鉄道橋として、
次は鉄道の上を渡る車道跨線橋として、
そして今は車両通行止めの人道橋として、
向野橋は日本の近代化の変遷を眺めてきたのです。

現存する19世紀のトラス橋では日本で最大。
向野橋もまた日本の近代遺産なのです。

次回はその遺産の上を渡ります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする