香港国際空港から香港口岸 世界最長の海上大橋、港珠澳大橋を渡って珠海へ 宿情報も有り

2018年 12月21日


関西国際空港からの香港エクスプレスは朝5時に香港に到着です。
到着ロビーで仮眠をとって、
いよいよ世界最長の海上大橋に向けて出発です。
この海上大橋は香港とマカオ、珠海をつなぐもので、
まだできたばかりです。
マカオや珠海に行くのに船を使わないので、とても便利です。


IMG_0588 (800x600)


到着ロビーから公共バス乗り場に移動します。
公共バスはB4が海上大橋の入り口である、
香港口岸に行きますので、それに乗ります。
6HKDですが、オクトパスカードが使えます。


IMG_0590 (800x600)

IMG_0589 (800x600)


B4バスは二階建てです。香港国際空港と香港口岸は
すぐ隣にあるので、乗車時間はわずかです。


IMG_0591 (800x600)


バスを降りて珠海マカオ方面に向かいます。
まだ新しいピカピカの建物で、例によって馬鹿でかく
だだっ広いです。


IMG_0592 (800x600)

IMG_0593 (800x600)


途中にバスの切符売り場がありますので、
そこで切符を買います。
マカオ行も珠海行も同じ金額で、一人65HKDです。
12歳以上の子供は大人と同額です。
ここでもオクトパスカードが使えますが、割引はありません。


香港を出国した後は、
バス乗り場に向かいます。
マカオ行と珠海行は乗り場が違います。
今回はマカオには直接行かずに、一旦珠海に行きます。


IMG_0594 (800x600)


ここまではイミグレーションも含めてガラガラです。
待ち時間はほとんどありません。


IMG_0595 (800x600)


珠海行は普通の市バスです。
荷物はそのまま持って、バスに乗ります。
他にも大型バスタイプも走っていましたので、
タイミングによって違うのかもしれません。
バスもどんどん出発する感じで、ここでも待ち時間はありません。


IMG_0596 (800x600)

IMG_0597 (800x600)


海上大橋は長いだけで、まあ、海上の橋ですね。
周りは全部海です。
よくもまあこんなところに橋を作ったなあという感じです。
途中で海底トンネルにも入ります。


IMG_1033 (800x600)


バスは橋を渡りきると、
イミグレーションの建物前で停まります。
バスはここまでです。
この建物は珠海への出入国と、マカオへの出入国の
イミグレーションが一つになっています。
ですが、香港出国後に珠海行のバスに乗った人は、
ここでマカオに入ることは出来ない感じです。
あくまでも珠海にしか行けません。


ちなみにここでも中国入国は混雑もなくスムーズです。


IMG_1029 (800x600)


中国に入国した後は珠海市内に移動します。
移動手段は2通りあります。
一つはマカオとの国境である拱北口岸行きのシャトルバスです。
こちらは一人10元かかりますが、
ノンストップの直通で短時間で拱北口岸に行きます。
大きな荷物も預けられそうなので、スーツケース派には
いいかもしれません。
拱北口岸にはバスターミナルも集中しているので、
そこから中国各地に向かう人もいいかと思います。


もう一つは時間があってローカルに浸りたい人向きです。
ここには珠海市の市バスも乗り入れていますので、
それに乗る方法です。
ただしこのバスは拱北口岸には直接行きませんので、
途中でもう一本乗り換える必要があります。
2本乗っても2元ですので、時間があってもお金を節約したい人や、
珠海市内に用事のある人にはいいかもしれません。


IMG_1030 (800x600)


L1バスは珠海の観光名所?である、
海女像を通ります。
そのあたりで他のバスに乗り換えることができます。


IMG_1032 (800x600)


その他、いくつか市バスの路線が乗り入れていますので、
百度地図をにらめっこすると、
市内の大概のところに安く行けると思います。


ちなみに百度地図はバスの乗り換えルートも
検索できるので、中国旅行には必須です。


IMG_0863 (800x600)


さて本日の宿です。
前山という地区にある、喜来楽酒店です。
シラルホテルとしてbooking.comにも載っていますので
詳しくはそちらを見てください。
拱北口岸からは少し離れますが、
バス一本、1元で移動できます。
拱北口岸のまわりのごちゃごちゃ感が無く、
家族連れにはいいかと思います。


IMG_0601 (800x600)


ファミリールームのような部屋があり、
寝室が2室、トイレも2つあります。
キングサイズのベットが一つと、セミダブルサイズのベットが2つあります。
4人家族にちょうどいいと思います。
エアコンも各部屋についていて、


しかも暖房が効きます!


このエアコン暖房が効くというのは、
冬場のこの辺を旅行するうえでとても重要なことです。
一年中暖かいイメージのあるこの辺りですが、
冬は時々寒いです。
20度くらいの日もあれば、10度くらいになるときもあります。
時々しか寒くないので、暖房が無いホテルも多いようです。
気温が下がった時にエアコン暖房があるのとないのでは、
快適性が大いに変わってきます。


しかもこの部屋は禁煙らしく、たばこの匂いがほとんどしません。
中国の宿に泊まるときは、
禁煙室であるかどうかも非常に重要です。
冬に広東省や香港に泊まるときは、暖房の有無と、
禁煙かどうかを確かめてから泊まるのがいいと思います。


IMG_1028 (800x600)


市場の上にあるので、部屋から行きかう人を
眺められるのがおもしろいです。
まわりにはスーパーやショッピングセンター、
ベーカリーもあり、生活には困りません。


IMG_0862 (800x600)


ホテルのすぐ下には蒸し物の店がありますので、
朝食はここで決まりです。


この喜来楽酒店ですが、この時は一部屋4人で
298元でした。
中国の中では高い方だと思います。
珠海と言う土地柄なのでしょう。
けれども4人家族で2部屋あり、トイレも2つ、
エアコン暖房もあり、禁煙室と言う条件で
この値段はけっこういいと思います。
同じ値段で香港ならチョンキンマンションの
せま~い一部屋です。


というわけでしばらくここに泊って
マカオにでも行こうと思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする