丹巴 トレッキング好き家族必見?? 甲居村も中路村も梭坡村もいいけど 街の裏山トレッキングもけっこういけてます しかも交通費、入場料タダ 

IMG_9260 (800x600)

IMG_9258 (800x600)


2018年 3月31日


四川省丹巴にいます。
上記の写真、
どこだと思いますか?
標高の高い山々に囲まれた深い谷、
普段見たことがないような荒々しい自然。
きっとどこかの山奥までトレッキングしていった
先の景色なんでしょうか?


いいえ、違います。
実は丹巴の街の裏側にそびえ立っている山なんです。
つまり街の裏山なんです。
当然ですが、
街中からすぐに登って行くことができます。


丹巴地図


登り口は街中に何か所かあるようですが、
わかりやすかったのは2か所です。
扎西卓康青年旅舍から近いのは、
丹巴の街の歩行街の上あたりにある階段です。


IMG_9257 (800x600)

IMG_9255 (800x600)


街を見下ろしながらどんどん登って行けます。
基本的に整備された階段ですので、
急な斜面ですが歩きにくいということはありません。
途中に東屋もあって休み休み登ることができます。


IMG_9259 (800x600)

IMG_9261 (800x600)


登るにつれ、
視界がどんどん広がっていきます。
丹巴の周りを取り囲む山々が
目の前に迫ってきます。
丹巴の標高は1800mそこそこですから、
見えている山は2500m~3000mくらいと
いったところでしょうか。
それでも日本でいうところの北アルプスくらいですから、
街からすぐの裏山でアルプストレッキング気分を
味わえるということになります。


IMG_9262 (800x600)


整備された階段は
このあたりが終点です。
冒頭の写真のような景色を眺めることができます。


IMG_9263 (800x600)


ここからはさらに車道が続いていますが、
変電所の方に行って、そのあとさらに奥地へ続いているようですが、
どこにいくかわからない上に車道でおもしろくないので、
いったん先ほどの階段終点地点に戻ります。


階段終点地点の東屋まで戻ったら、
階段を下らずに、
変電所とは反対側、つまり西側に向かって歩いていきます。
ちょっとしたダート道があり、
途中から山道になります。


IMG_9264 (800x600)


こんな感じで、
どこの山奥かと思うかもしれませんが、
あくまでも街からすぐの裏山です。


IMG_9265 (800x600)


山の斜面には丹巴特有の家々が
張り付いています。
山道をしばらく歩くと街から上がってくる車道に出ます。
そのまま車道を登って行ってもいいのですが、
蛇行している車道に対して、
直登できる昔の山道がありますので、
そちらを行く方がトレッキング気分が盛り上がります。
地元の人も山道の方を歩いています。


IMG_9267 (800x600)


山道を登りきったところで
牛がお出迎えです。
集落が近いということですね。


IMG_9268 (800x600)

IMG_9269 (800x600)

IMG_9272 (800x600)

IMG_9273 (800x600)

IMG_9274 (800x600)

IMG_9275 (800x600)


仏塔が見えたので近寄ってみました。


IMG_9277 (800x600)


とても裏山とは思えないような
チベットらしい景色が広がっています。


IMG_9276 (800x600)


仏塔のすぐ裏手から、
集落がはじまります。


IMG_9280 (800x600)


比較的古い感じの家が点在しています。


IMG_9279 (800x600)

IMG_9281 (800x600)


山のわずかな平地を利用して、
畑作をしているようです。
花も咲いていて、まさに桃源郷ですね。
このあたりで標高的には2500mくらいだと思います。

IMG_9284 (800x600)


甲居村や中路村や梭坡村といった
有名どころまでいかなくても、
裏山で結構楽しめます。
中国は何かと交通費と入場料が高いので、
特に家族で行くと人数分かかるので、
こうしてタダでお手軽に楽しめるところがあると
ありがたいです。


「この村には何にもないよ~。
甲居村に行けばいいのに~」

と、村の人が通りすがりに話しかけてきました。


「いいや、この村はいいよ、很好だ、
ベリーグッドだ」
と、言っておきました。


IMG_9285 (800x600)


帰りは来た道をひたすら降りていきます。
今日は日曜日ですので、
村の人も山道を通って街へ降りていくようです。
道中一緒に降りて行って楽しかったです。
また清明節が近いのか、
あちこちのお墓からお参りの爆竹の音が
響いていました。


IMG_9286 (800x600)


村の人たちについて街に降り切った場所です。
集合住宅ビルの一角に出ます。
場所はバスターミナル近くです。
こちらから登るのであれば、
この看板を目印にするのがいいと思います。


丹巴の街を歩いているといつでも目に
飛び込んでくる裏山。
登ってみると意外に楽しめます。
もちろん観光的には甲居村や中路村や梭坡村といった
ガイドブックに載っているような場所がいいと思いますが、
(といいつつ行きませんでしたが)
チャーター車の時間を気にしながら見るよりも、
街から歩いてすぐ、
街にも歩いてすぐのこんなところが、
家族連れにはいいのかもしれません。
それでいてもちろん丹巴気分も十分に味わえます。



次回はそんなチャーター車嫌いの一家が、
車をチャーターして塔公まで言った話です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする