成都 新南門バスターミナルで康定行きチケット売ってくれない? しかたないのでミセスパンダからレイジーインに移る

2018年3月25日


空港近くにある安宿、順意旅館から、
成都の街中にある、ミセスパンダホステルに移動です。
ミセスパンダホステルは熊猫夫人青年旅舎ともいう、
旅行者の間では老舗のホステルのようです。


何よりも便利なのはその立地です。
東チベット方面への入り口である、康定行のバスが出る
新南門バスターミナルの隣にあるのです。
booking.comにも掲載されていますので、
次の朝早くのバスに乗る人は予約しておくのもいいと思います。
直接行くよりbooking.comの方が安かったです。


順意旅館からは市バスで最寄りの地下鉄駅、金花駅に出ます。
金花駅からは10号線と3号線で新南門駅で降ります。
新南門駅を出ると、すぐに新南門バスターミナルがあり、
その敷地が切れたあたりにミセスパンダホステルがあります。


IMG_9049 (800x600)


交通飯店というホテルの一部分を間借りしている感じですので、
交通飯店の敷地を突っ切っていきます。


IMG_9050 (800x600)


まあミセスパンダホステル自体は、
普通のホステルですので、
可もなく不可もなくです。
部屋数の割に共同トイレ、シャワーの数が少ないので、
いつもなんだか混み合っています。


でもまあ、ここの魅力は新南門バスターミナルの隣ということですから、
さっそく明日の康定行のチケットを買いに行きましょう。


ということで、
新南門バスターミナルに行ってきたのですが、
結果から言うと、

買えませんでした!


新南門バスターミナルから康定までは、
けっこう本数があるので、
満席だったというわけではありません。
買い方がまずかったわけでもありません。

まず最初に空席を調べて、行き先と時間と人数を紙に書いて、
窓口に投げ入れると、
何やら窓口の人がもごもごと隣の同僚と話しています。
そしてダメだというジェスチャーをした後、
インフォメーションで聞いてくれという感じでしたので、
インフォメーションに行くと、


外国人は康定に入れません、と英語で言われました!


ああ~、そういうことね。
東チベットでは外国人はそういうことがあるとは聞いていたのですが、
まさか康定にすら入れないとは。


ミセスパンダホステルでその話をしたら、
3月の東チベットはそういうことが多いとのことでした。
でも康定までだめだというのは珍しいとも言っていました。


IMG_9056 (800x600)


むむ~、さてどうするか、
とりあえず麻辣ワンタンでも食べながら考えますか。


康定に行けないのなら、その先の東チベットには行けない。
それならば今回はあきらめて成都周辺の古鎮めぐりでもして帰るか、
それとも2~3日粘ってもう一度チャレンジしてみるか、
とりあえず雅安あたりまで行っておいて様子を見るか…。


いろいろと考えた結果、
今回は康定行はあきらめて、丹巴に行くことにしました。
丹巴は成都から四姑娘山を通ってバスで8時間のところにあります。
そしてバスターミナルは新南門ではなく、
茶店子です。


というわけで、
用事のなくなったミセスパンダホステルはチェックアウトして、
茶店子バスターミナルまで地下鉄ですぐの、
レイジーインホステル(Lazy Inn Hostel)に移動です。


IMG_9073 (800x600)


レイジーインは地下鉄の白果林駅のD出口からすぐのところにあります。
駅を降りたらもう看板が見えています。


IMG_9066 (800x600)

IMG_9068 (800x600)

IMG_9069 (800x600)


落ち着いた中庭があって、なかなかいいところです。
成都は大都会ですので、
こういったところがあるとホッとします。
宿の周りの環境もわりと下町で、居心地がいいです。


IMG_9065 (800x600)

IMG_9064 (800x600)

IMG_9063 (800x600)


今回の部屋は和室風です。
きれいなので女性に人気がありそうです。
ミセスパンダホステルとほとんど変わらない値段で、
室内にバストイレがつきます。
正直言ってここはおねうちだと思います。
booking.comにも掲載されていますので、
どれだけお値打ちか見てください。
直接行くよりbooking.comの方が安かったです。


IMG_9074 (800x600)


近くに食堂、スーパー、市場など多数です。
食べるものには困りません。
また帰りがけならお土産物を調達するにも便利です。


今回は宿の建物の一階にある豆腐脳というものを食べてみました。
なんというか、片栗粉をといたようなスープの中に、
豆腐と臓物が入っているような、
とても庶民的な食べ物でした。
おいしいです。


さて、
新南門バスターミナルで康定行のチケットが
買えないというアクシデントもありましたが、
明日は茶店子バスターミナルから丹巴方面に向かいます。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする