カンチャナブリー 渡し船で対岸に渡ってみたり、お寺で魚にエサをあげたり、安飯を食べたり、ビニール袋惣菜を買ったりしています。 橋は見ないの?

2019年 8月24日


カンチャナブリ―にいます。
泊っている宿、Thanya Mansionは、
バスターミナルから観光エリアとは反対側に
歩いて15分くらいのところにあります。
つまり戦場に架ける橋の周辺からは結構離れた場所になります。
ではそこには何があるのかというと、
特に何もありません。
カンチャナブリ―に住んでいるタイ人の普通の暮らしが
垣間見えるだけです。
でもそれが結構おもしろいです。

IMG_2324 (640x480)

IMG_2325 (640x480)

Thanya MansionからChukkadon Marketという市場街を抜けていくと、
すぐにクゥエー川になります。
ここに渡し船の桟橋があります。
対岸の村とカンチャナブリ―の街を結んでいるようです。
ちょっと遠回りすると橋もあるのですが、
けっこうバイクに乗った人が利用しています。
こういうのを見るとほっとけないので、
とりあえず渡ってみます。

IMG_2328 (640x480)

IMG_2329 (640x480)


バイクを乗せやすくするために、手すりとかはありません。
かなりワイルドな状態で、渡し船はクゥエー川を渡っていきます。


IMG_2332 (640x480)


対岸に渡ったからと言って、
そこには何もありません。
ただの小さな集落があるだけです。
何もすることはないので、すぐに引き返します。
渡し船料金は一人片道5バーツです。
リバークルーズとしては安い方ではないでしょうか?


カンチャナブリ


さてリバークルーズを終えた後は、川沿いに歩いていきましょう。
川の上流方面に少し歩くと、ワットチャイチュンポンというお寺があります。
かなり規模の大きなお寺なのですが、
その一角が川に面しています。
川にせり出したテラスのような部分があり、
かなりくつろげます。


IMG_2307 (640x480)


観光地区のフローティングハウスに泊らなくても、
カンチャナブリ―気分を味わえます。
魚のえさが売っていますので、それを買って川に投げ込むと、
驚くほどの数の魚が寄ってきます。
タイ人もみんな楽しそうに魚にえさをあげています。


お寺を過ぎてしばらく川沿いの道を上流に歩いて行くと、古い建物が目につき始めます。
どうやら旧市街に入ったようです。
カンチャナブリーに旧市街があるとは思わなかったので、驚きです。


IMG_2338 (640x480)

IMG_2339 (640x480)

IMG_2340 (640x480)

IMG_2341 (640x480)


この旧市街がナイトマーケットになっています。
この日が土曜日だったので、毎日やっているかはわかりませんが、なかなかの賑わいです。


IMG_2342 (640x480)

IMG_2343 (640x480)


ステージではタイの伝統的な音楽を演奏しています。
観光エリアではないので、ほとんど地元の人しかいません。


IMG_2344 (640x480)


あまりにも有名な観光地なので、近寄らないでおこうと思っていたカンチャナブリーですが、観光地エリアを離れると意外にも楽しめます。

IMG_2323 (640x480)

安飯は相変わらずどの店でも美味しいです。
ただし観光地エリアを除くです。


ところでカンチャナブリーの観光エリアである戦場にかける橋ですが、
別に悪いところではないので、一度は行って見るのもいいと思います。
街中からは少し離れていますので、何らかの交通手段で向かわないといけません。
イメージ的には戦場にかける橋は鉄道の橋ですので、鉄道で行きたいところです。


IMG_2309 (640x480)


しかし鉄道で行こうとすると、どこから乗っても100バーツ掛かります。
カンチャナブリー駅から鉄橋駅までの一駅区間でも、100バーツです。
しかも外国人だけのスペシャル価格。
終点のナムトクまで乗っても100バーツですので、ナムトクまで乗るならそんなに悪くないかも知れませんが、一駅では高すぎます。

そんな時に安くて便利な方法が、ソンテウでBIG Cまで行って、そこから橋まで歩くことです。
ソンテウはバスターミナルの前の大通りを走っていますので、西に行くソンテウを捕まえて乗るだけです。
一応、BIG Cに行くかどうか聞いてみて下さい。1人10バーツでBIG Cまで行けます。
ただし、バスターミナルの中やカンチャナブリー駅前にたむろっているソンテウは貸し切りタクシー的になりますので、10バーツでは行ってくれません。
必ず大通りを走っているソンテウを捕まえて下さい。


IMG_2310 (640x480)

BIG Cから橋のたもとの駅までは歩いて10分ほどです。


IMG_2313 (640x480)

IMG_2315 (640x480)

IMG_2316 (640x480)

IMG_2318 (640x480)


列車の時刻を調べてから行くと、なかなか楽しめます。


というわけで、カンチャナブリーは終わりです。
観光エリアから離れたところに泊まり、近くの川を眺めながらぼーっとしたり、渡し船に乗ったり、地元食堂で安飯を食べたり、市場でビニール袋入りの惣菜を食べたりしただけですが、かえってそれが良かったです。


IMG_2348 (640x480)


バンコクに帰るバスは一応バンコク南バスターミナル行きになっていますが、一旦南バスターミナルを通り越して、より市内に近いピンクラオに停まってくれます。
大半の人がここで降ります。
ピンクラオからカオサンエリアならバスで一本の近さです。
バス代は1人95バーツです。


それではまた次回。








スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする