ムック島 ko mook ジャングルトレッキングも楽しめる家族連れに最適な離島

2018年 1月1日


あけましておめでとうございます。
2018年の元旦は、
ムック島で迎えています。
こちらは旧暦で動いていますので、
特にお正月とかは関係ありませんが、
日付けが変わる頃に、
花火が上がっていました。


泊まっているバンブーハットでは、
新年パーティーのようなものはなく、
ありがたい限りです。


image


さて今日は、新年早々
ジャングルトレッキングに
行って見ようと思います。
ムック島は島のほとんどが
ジャングルに覆われていますが、
特にトレッキング道というものが
整備されているわけではありません。
そこでトレッキングと言っても、
何らかの生活路を行くことになります。


image

image

まずは桟橋に近い中心部を
抜けて行きます。
水やお菓子なんかはスーパーで
買っておいた方がいいです。


まずは東海岸の宿群を抜けて、
北上して行きます。


image


途中でtopへみたいな矢印が
書いてある分かれ道がありますが、
そっちではなく、道なりに右に
曲がって行きます。
topの方に行くと、おそらく山の上に
行けると思います。
ですが、途中まで行ってみましたが、
道がかなり急で断念しました。


image


コムックガーデンリゾートの手前は、
左に曲がります。

image


しばらく歩いてコムックリゾートの
看板が見えたら、合ってます。
その先の細い道を進みます。


image


ジャングルの中に入って来ました。
とはいえバイクの通った跡も
ありますので、生活の道なんだと
思います。


image

途中に家があります。
集落からは完全に離れていますが、
人が住んでいます。

image


分かれ道では、
より通った感が強い方に進みます。


image

木でできたゲートのようなところを
くぐって行きます。

image

道が下り始めると、
海が見えてきます。


image

image

海に出ました。
眺めがいいので休憩ポイントです。
岩場が多いので、
泳ぐには適していない感じです。


image

道はもう少し先に続いています。

image


ココロッジがある所で終点です。
ココロッジは現在
使われいないようです。
この先道は無いので、
来た道を引き返します。


image

汗をかいたら帰って
海にドボンです。
ムック島のジャングルトレッキングは
簡単に楽しめます。
ただし蚊が多いので、蚊よけが必要です。


image


さて年末年始と1週間ほど滞在した
ムック島とも、これでお別れです。
ムック島は本土から近い割に、
素朴な離島気分が味わえていいところです。
宿だけでなく、人が住んでいるので、
リゾートと生活感のミックス加減が
丁度いいです。
また宿の数もそんなに多くなく、
大型のリゾートホテルも無いので、
旅行者であふれることもなく静かです。
それでいてきれいなビーチもありますので、家族連れにはもってこいだと思います。


image

image

おまけ。
ムック島で見かけた、謎の調理器具。
串に刺したソーセージの周りに
目玉焼きをコーティングしてあるかのような不思議な食べ物の製造器。
とっても美味しいのですが、
それ専用の器具があるとは。


明日からは本土に戻り、
バンコクに帰る方向に進みます。
といいつつ寄り道しますが。





スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする