ダーラスラム もうひとつの世界遺産大チョーラ朝寺院群 ヤギがたむろっていて、ここは奈良公園か?

2019年 8月6日


クンバコーナムにいます。
クンバコーナムは寺院が多い門前町です。
街中にもけっこう寺院があるのですが、
郊外には世界遺産になっている有名な寺院が2つあります。
一つはバスで1時間くらいのところにある
ガンガイコンダチョーラプラム。
そしてもう一つは、今日訪れるダーラスラムです。


IMG_1987 (640x480)


ダーラスラムというのは地名で、
実際にはアイワラデシュワラ寺院というようですが、
めんどくさいのでダーラスラム寺院と言うことにします。
この寺院はクンバコーナムの街から
それほど離れていません。
というか、ほぼ同じ街中、というくらいに市街地がつながっているところにあります。


クンバコナム (640x350)


クンバコーナムの街中からバスで行けますが、
この日はホテルを出たところにちょうどオートが通りがかったので、
めんどうくさいからそれに乗りました。
ちなみにホテル名はTAJ SAMUDRAです。
booking.comでも予約ができますが、
なぜかbooking.com上ではOYO 30544 Arun Residencyとなっています。

オートリキシャの値段は100ルピーです。
乗っている時間からするとちょっと高いかもしれません。
このあたりではだいたいどこも一声100ルピーです。
10~15分くらいでダーラスラムについてしまいます。

IMG_1984 (640x480)


まわりはのんびりとした田舎町です。
ガンガイコンダチョーラプラムと違って、
こちらは市街地の一角に遺跡があります。


IMG_1977 (640x480)


この門から中に入ってみます。
門自体もいい感じの崩れ度合ですね。
奥の方に正面入り口が見えます。

IMG_1976 (640x480)


門を入ると本殿までは原っぱになっていて、
ヤギが草を食べています。
結構な数のヤギがあちこちで草を食べたり、
うろうろとしています。

IMG_1980 (640x480)


倒木によじ登ったりして自由にやっています。
この感じ、どこかで見たことがあります。
古いお寺の前の草原で、動物が草を食べたりうろうろしている光景。
そうです。
奈良公園です。
東大寺や興福寺の前でうろうろしているシカと、
ダーラスラム寺院の前でたむろっているヤギ。
何か似ているのです。
ダーラスラムをインドの奈良公園と呼ぼう、
そう秘かに思いました。


IMG_1961 (640x480)

IMG_1960 (640x480)


それはともかくとして内部に入っていきます。
立派な正面玄関です。
ダーラスラム寺院も入場料は無料です。
世界遺産なのに無料です。
太っ腹です。


IMG_1964 (640x480)

IMG_1965 (640x480)


もちろん入ってしまえば、例によって
他の寺院とは区別がつかない彫刻群がならんでいます。
本堂に上がるところの手すりが像だったり、
お堂そのものを馬車に見立てたりとか、
それなりにおもしろいモチーフなのですが、
これらはこの辺のだいたいどこの寺院にもあります。


IMG_1985 (640x480)


こちらは手すりがライオンですね。
これもまあまああります。


IMG_1986 (640x480)


こういった女神像も、まあありますね。


IMG_1969 (640x480)

IMG_1970 (640x480)


でもこういった彩色の残っている壁画や彫刻は、
あまりないかもしれません。
かつてはもっときれいだったのかもしれません。


IMG_1973 (640x480)


天井画の色彩も結構残っています。


IMG_1972 (640x480)


こういった連続した彫像もあまり見ないかもしれません。


IMG_1974 (640x480)

IMG_1975 (640x480)


こうしてみるとダーラスラムはかなり保存状態がいいといえるのかもしれません。
細かなレリーフもたくさん残っています。
これで無料はお得ですね。


IMG_1968 (640x480)

IMG_1971 (640x480)


内部の写真もなんとなく撮れそうだったので、
そーっと撮ってみました。
まあ内部は普通の寺院です。

ところでガンガイコンダチョーラプラムも
このダーラスラムも、世界遺産である遺跡ですが、
本堂の奥は現役の寺院のようになっていて、
お坊さんがいて、なにやらむにゃむにゃ言ってくれて、
額に灰をつけてくれます。
ヒンドゥー教徒にとってはありがたいことなのでしょうが、
非ヒンドゥーにとってはある意味ありがためいわくです。
額に灰をつけてもらうのはいいのですが、
そのあとお布施を要求されるのがめんどうくさいです。
なぜでしょうかね。
お布施すること自体は別に嫌いではないので、
強制されるのが嫌なんでしょうね。

ですのでだいたいこういうところでは、
本堂の奥はちょっと覗いただけで退散です。

帰りはバスで帰ります。
寺院の後方にあるバス通りから乗れます。
一人9ルピーです。
クンバコーナムの街中を通ってバスターミナルまで行くようですので、
街中の適当なところで降りるのがいいと思います。



これで世界遺産大チョーラ朝寺院群の3つある寺院のうち、2つが完了です。
次回は最後の一つ、タンジャーヴルの寺院に向かいます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする