ポンディシェリーではどこで何を食べる? 食べ物はどこで手に入る? ミールス食べて、市場で買い物 フランス料理のおいしい店案内は無し 

2019年 7月30日


ポンディシェリーのVilla Meenaに泊っています。
ここに泊れる限り、
ポンディシェリーでの滞在は
限りなく快適です。
インドではなかなか快適な宿にお目に掛かれません。
もしもお目にかかったなら、
なるたけそこにしつこく居ることをお勧めします。


IMG_2152 (640x480)


本日はポンディシェリーで何を食べるか、
そしてどこで食べ物を調達するのかと言うことです。
ポンディシェリーは美食の街だそうです。
フランス植民地だったということもあり、
フランス料理がおいしい店が多いそうです。
そしてそのフランス料理を出す店と言うのが、
フランス植民地時代の建物を改装したレストラン
ということで、
この町を訪れる旅行者は、インドで味わえる
フレンチを堪能するそうです。
が、
節約派にとってはフレンチなんかはとんでもないです。
隠れ家的な店で食べるフレンチなんか
高いに決まっています。(偏見)
それにどうしてインドに来てフレンチを食べなければ
ならないのか?
きっとフランスに行っても食べない(食べれない)だろうに!
でもきっとフランスで食べるよりは
安いでしょうから、ここは一つ食べてみてもいいのかもしれません。

IMG_1755 (640x480)


といいつつも、朝はその辺に売っている
イドリーとかワダとかの
思いっきりインドな朝食です。
せっかく宿がおしゃれなので、買って帰って
宿で食べるのがいいと思います。
おしゃれなテーブルに並べてみるとあら不思議、
ちょっとフレンチに見えてくる…、
はずもないですが。


IMG_1736 (640x480)


後述する市場で買ったマンゴーなんかの
朝食もいいですね。
この時期のマンゴーは安くて、
1㎏70ルピーくらいで買えます。


ポンディ (640x370)


適当に朝ご飯を食べたら、
お昼を食べる場所を探しがてら、
買い出しに出かけます。
Villa Meenaのあるホワイトタウン地区は
おしゃれで静かなリゾート地区ですが、
境界線の大通りを越えていくと西側には
いわゆるインド人街が広がっています。
とはいっても基本的にはフランス統治時代の
建物が多いので、
他のインドの街に比べるときれいです。


IMG_1725 (640x480)

IMG_1716 (640x480)


まずは市場を目指します。
節約派にとってはその街で市場を
発見できるかどうかか死活問題です。
地図上のGoubert Marketというところがそうです。


IMG_1717 (640x480)

IMG_1718 (640x480)

IMG_1719 (640x480)

IMG_1720 (640x480)

IMG_1721 (640x480)

IMG_1722 (640x480)

IMG_1723 (640x480)


ここはかなり活気があります。
海の街ですから海産物が多いです。
それだけではなく、節約派の必需品、
野菜、果物も豊富に売っています。
この時期はマンゴー、トマト、きゅうりなどです。
これらは生で食べれるので重宝します。
そしてもしもヤザワのトラベルクッカーなどを
持っているなら、
オクラを買うことをお勧めします。
さっとゆでたり、スープにするととても
おいしいです。
オクラを茹でることもできる
ヤザワのトラベルクッカーはこちらから⇒
とかはありませんので、
気になる方は調べてみてください。


IMG_1727 (640x480)

IMG_1728 (640x480)

市場の一角は花市場にもなっています。
インド人の花に対する気合の入れようが
感じられます。


IMG_2153 (640x480)

IMG_2154 (640x480)


市場は場外にも広がっていて、
ごちゃごちゃ感がたまりません。
このあたりをうろつくだけでも
かなり楽しめるかと思います。


IMG_1724 (640x480)


場外にはパン屋もあります。
わりとフランス風なパンが売っています。
他の街では見ないので、
さすがポンディシェリーということなのかも
しれません。
このパンは朝食に、または夕食にも
もってこいです。


IMG_1757 (640x480)


さて、この市場から北に2ブロックほど離れた通りに、
Coolcat Veg Hotelsというレストランがあります。


IMG_2140 (640x480)

IMG_1756 (640x480)


ポンディシェリーで見た中では
一番おいしいミールスを出す店です。


IMG_2137 (640x480)

IMG_2138 (640x480)


ベジミールス70ルピーと格安です。
味もとてもおいしいです。
辛くないので家族連れにもお勧めです。
店も古い邸宅を改装したもので
雰囲気があります。


IMG_1759 (640x480)

IMG_1758 (640x480)


お持ち帰りもできますので、
宿に持ち帰っておしゃれなテーブルで
食べると、
フレンチ風ミールスになったりは、
やっぱりしませんが、
おちついてゆっくりと食べれていいですね。
前述のパンがあれば、
余ったカレーにつけて食べることもできますし。



その他にもポンディシェリーには
スーパーマーケットやパンやさんが
ちらほらありますので、
フランス料理を食べなくてもなんとかなると
思います。
ちなみにこれはインド全体に言えることなんですが、
ミールスやターリーは昼間だけ。
夜はありません。
夜はマサラドーサか、
何か買ってきたものを食べることになります。
その時に市場で買ってきたものがあると、
例えばオクラスープにトマトサラダ、
持ち帰りのマサラドーサと、
その付け合せのカレーにパンというような
感じになります。
そのためにでも、トラベルクッカーは
あると便利です。


次回はポンディシェリーの夕涼みについてお知らせします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする